画集の修理

修理前

修理後

マーブルの見返し

花布選びは楽しみのひとつ


 

忙しくて途中になっていた画集の修理。
ようやく完成しました。
ページをめくることができないくらい痛んでいたので、糸で綴じるときの加減が難しかったです。
「好きな本を装丁して長く手元に置きたい」とはじめた手製本。
手間や時間がかかる作業。

機械でほとんどの製本ができる現代ですが、修理には技術だと思います。
充分な時間はとれませんが、古書とのスローなひとときを楽しんでいます。