猿投 皿 平安時代

 

「花を生けたい」

「これで食べたい」

 と感じさせないもの。

 あえて言うならば、

 草一本、米一粒が似合うもの。

 そういう清々しきものを、

 眺めていたいと思うことがある。