左義長羽子板 江戸時代

 

「左義長」は正月(小正月)の15日、御所清涼殿で青竹を組み、藁をかぶせて火を放ち、陰陽師たちが囃しながら、帝の吉書・短冊・扇面などを焼く厄払いの行事です。左義長羽子板は縁起物として、上流階級の贈答や、姫のお輿入れ道具としてつくられました。木地・胡粉盛上げに彩色を施したもので、片面に左義長の様子をあらわし、もう一方の面には貴人たちが描かれています。この羽子板は海外のコレクションより里帰りをしました。